継続的な努力が必要な仕事

プログラマーというのは、基本的にはデスクに向かってエディタと格闘をするタイプの業種になります。エンジニアの中には実際に機械のメンテナンスをしたりする仕事も多いのですが、プログラマーは完全にデスク作業がメインとなります。そのため、長時間椅子に座り続けなければならない大変さがあります。部屋の中でじっとモニターを見つめて仕事をすることが苦にならない人でないと、続けていくことはできないでしょう。

また、プログラミングの技術を身につけるのも一朝一夕にできることではありません。高校や大学から数学が得意で、その後もプログラミングの練習をし続けた人でないとなれない職業です。ただ、苦労をした分、仕事に困ることはないとされています。今後もITの分野は成長を続けていきますし、長く仕事にありつくことができます。世の中には斜陽産業と呼ばれる、数年後にはなくなっていそうな仕事もたくさんありますが、プログラマーなら将来の心配はほとんどする必要がありません。

しかし継続的にスキル維持のために勉強をする重要性は言うまでもありません。一度資格を取得しさえすれば勉強が不要になる仕事とは違って、年々進化するITの技術革新に付いていく必要がある大変な仕事です。ですから、老後まで続けていけるかどうかは本人の努力次第という面があることは事実でしょう。なまけていると、若い人たちに仕事を取られてしまう結果にもなりかねません。ただ、それでも仕事は最低限確保できることでしょう。
需要が高い仕事とはいえ、自分の意向に沿った求人を探したいというのは言うまでもなく、職場探しをする際は転職エージェントで理想の職場探しが叶いやすいというのも知っておくと便利です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.